New logo
導入の事例
CASE 03
Icaria01
Icaria株式会社
Icaria株式会社は尿から癌の早期発見が可能な液体生検サービスの提供を目指して、製品の開発、研究に取り組んでいます。現在、快適な研究環境を整えるためリプルアをご利用いただいており、研究室で行われる購買管理を効率良く管理されています。 リプルアを導入したことで購買環境がどのように変化したのかをお聞きするため同社の代表である小野瀬さん、市川さんにインタビューいたしました。
課題 
・ラボにおける購買の面倒な作業や助成金の管理に負担を感じていた
・システム導入を検討するも、コストの観点から導入を見送っていた
・ラボ内での共有や承認にコミュニケーションコストが掛かり、出張時の発注承認にも時間がかかっていた
効果 
・購買業務の負担軽減とコストカットを実現
・課題別に最も迅速で的確な対応ができる業者を選択可能に
・購買に関連する「共有」や「承認」のコミュニケーションコストが大幅に減少した
導入の
決め手
・お試し利用で操作性がとても良く使いやすいと感じた
・費用負担がなく、導入できた
Icaria03
購買システムに興味はあったが、費用をかけたくなく導入は考えていなかった。導入してシステム管理の重要性を知りました。
-リプルアを利用しようと思ったきっかけは何ですか。
小野瀬さん:元々、見積や発注は電話・メール、予算管理はエクセルを使って管理していましたが、普段の業務と並行して行うことは手間で面倒だと感じていました。 システムで管理し手間や面倒を削減することも検討しましたが、高い費用がかかるものが多く、当初システム導入は難しいと考えていました。

市川さん:システムに高い費用をかけると研究にかける費用が減ってしまうのが大きな問題です。導入は難しいと思っていた際にリプルアを知りました。リプルアはお試し期間に操作性が確認できますし、発注機能を利用することで無料利用できると聞いたのでこれならシステム導入できると小野瀬と話し導入しました。
-実際リプルアを利用されたご感想をお聞かせください。
小野瀬さん:とにかく使いやすいですね。操作に関して、実際の利用者にヒアリングをしていて、とてもこだわっているとのことで説明をされましたが、 使ってみて納得しました。また、今までラボ内の購買情報を共有するのに結構手間がかかっていたのですが、システムなら簡単に共有ができることも便利ですごく良いなと思っています。出張時に、発注の承認がスマホ上でできるのも助かりますね!

市川さん:UIがとても優れていると感じます。短い時間ですぐ慣れましたし、使いにくいと感じたことはありません。ユーザーの要望に応じた新しい機能もどんどん開発される印象がありますし、新機能が管理画面上の「お知らせ通知」で確認できるのも嬉しいですね
-ありがとうございます。システムの使いやすさは開発で最もこだわっていることの一つです。今後もご意見を頂きながら使いやすいシステム、機能を実装していきます。
購買のあらゆるフローが効率良く管理可能に
-実際の作業で導入前より効率化されたと感じる部分はありますか。
市川さん:見積にしても発注にしても大幅に作業が楽になっていますね。あまり購買業務に時間をかけたくないので作業が時短できるのは本当に助かります。簡単に相見積がとれるので購入時のコストカットにもつながっています。代理店さんからの請求書もリプルア上で発行してもらっているので請求の部分でもずいぶん楽になりましたね。
-業務の時短や購入時のコストカットに繋がったということですね。他にリプルアを利用して感じたことはありますか
小野瀬さん:プロジェクトや予算毎の管理も楽になりましたね。特に、助成金の管理は大変なので、ここが効率管理できるのはとても嬉しいですね。

市川さん:代理店によって対応や提案のスキルが結構違うんだなと感じましたね。これまではどんな質問や問合せも同じ代理店に頼んでいました。 リプルアなら一括問合せ機能で「1つの質問に対して複数の代理店に依頼できる」ので、色々な意見がもらえます。思った以上に代理店間でも回答や対応に差があるのだと気づかされ驚きました。管理の効率化はもちろんですが、「ケースに応じたベストな代理店を選択できる」という点でもとても満足しています。
「一括問合せ」・「共有、承認機能」・「請求管理機能」は特に便利
-リプルアで魅力を感じていただける機能はなんでしょうか。
市川さん:先程話したとおり複数社への一括問合せ機能は良く利用しますね。他には、共有や承認処理が円滑にできコミュニケーションコストが大幅に減少したのも魅力的ですね。共有がしっかり行われることで重複発注も防げますから。

小野瀬さん:請求書の管理もリプルア上で行っているので、都度紙ベースの請求書をファイリングするということも無くなり快適ですね。
取材協力:lcaria株式会社